夜行バスユーザーおすすめクレジット

格安の高速バス、夜行バスに乗りたい!探し方のコツを年間100回乗った僕が教えます

新幹線、飛行機、楽っすよね~早いし。

だ・け・ど!

高速バス、夜行バス信者いるはずです。笑

僕は仙台が地元なので、仙台によく帰るのですが、新幹線で帰ったら割引されても片道1万円くらいです。

一方高速バスは・夜行バスは片道2000円で帰れます。

往復で比べたら

  • 新幹線2万円
  • バス4000円

1万6000円もの差があると、会社の経費や個人事業主で交通費として落とせるならともかく?

普通の人にとってはでかくないですか?え?

どうせ、だったら美味いもんが食いたい!

そう!交通費を抑えて!

って僕は思います。

だからこそ、結構探したのですが、安いところ探すのって消耗するんですよね。

疲れます。笑

今回は高速バスに無駄に年間100回
(学生のとき仙台の大学に通いながら東京でインターンしてました)

のった自で称高速バスマスターの僕が格安バスの探し方、見つけ方を伝授します。

上からっぽいかな、めっちゃ下からですよ

でも、比較サイトだけで探している人を見ると悲しいです。

  • 高速バスを安く乗りたい人
  • 格安高速バスを探している人
  • めちゃ安い夜行バスを探している人
  • とにかく交通費を抑えて旅行したい人

などなど、予算を抑えたい人はためになるかもしれません。

格安の高速バス・夜行バスを探す方法は比較サイトと自社HPの混合

格安に高速バスを探すなら、手順があります。

結論から言う
  1. 『バス比較なび』で探す
  2. 『楽天トラベル』で探す
  3. 『自社HP』で探す
  4. 会員になれて複数乗るならなっとく

以上です!

『そっか~。なんや~。んじゃまたな~。
ってなる人はそのままサヨナラです!笑

これからも今までも特別なことなんていいませんよー。』

『バス比較サイト』で探す

比較サイトは腐るほどあるのですが、バス比較なびがおすすめです。

バス比較なびがいい!
  • ちゃんと最安値である
  • デザインが見やすい
  • カスタマーサポートもいい
デメリット
  • クッションサイトなので、他サイトに飛ぶのが面倒
  • ◎◎円~◎◎円という書き方なので、たまに金額のズレが激しく騙された気分になる

 

上記の理由から、使いやすくて、見やすくて、ちゃんと最安値なので、バス比較なびがおすすめです。

バス比較なびでの探し方は簡単で、行く予定の日付を選んでください。

  • 朝早い便
  • 夜遅い便
  • 安い便

など優先順位を決めて探すことができます。

僕が100回くらい使ってみて(本当少しはポイントがほしいです。バス比較なびさん笑)

問題やエラーが起きたことはかなり少ないです。

飛行機、航空券比較サイトはどこも微妙で、エラーをよく起こしますが、バス比較なびは起こしません。

参考 TOPバス比較なび

ほとんどの人は、このサイト内で決済をしてしまいます。

特別『損』はありません。そうなんです。

『損』

はないんです。

だが、しかし、得もしません。

最安値のバスは出ますが、
僕らは忘れています。

クーポンの存在を!

 

注意

比較サイトとうたっておきながら、全くもってバスを拾えていないサイトもあります。

『比較』サイトですので、登録サイトが少なければもちろん、最安値はでません。格安バスに乗りたいなら、まずは『バス比較なび』

での検索をおすすめします。(だからといって僕に得は一切ないからこれ本当w)

『楽天トラベル』で探す

 

楽天トラベル内にある『高速バス・夜行バス・観光バス』を探せるサイトです。

楽天トラベルのここがいい
  • 何より大手で安心
  • 決済がワンサイトで済む
  • 楽天ポイントが溜まる
  • クーポンが使えるから安い
デメリット
  • デザインがくどい
  • クーポンやセールで余計なものを買う

楽天はクーポンが出るので、実は一番安くできるときが多いです。

ですが、クーポンなので、たくさん使うことはできないために、何度も乗れば旨味はすくないです。

 楽天トラベルで格安を探す

 同じバスでもクーポンがあるかも

初めて楽天トラベル使う人なら、楽天ポイントが500P(実質500円分)手に入ります。

TOPページにクーポンバナーがありますので、クリック、とんだ先にクーポンがあります。好きなクーポンを特に条件がなく手にすることができるので、損がありません。

『自社HP』で探す

ここまで来たら、『バス比較ナビ』『楽天トラベルでクーポン』を見たので、もうほぼ最安値が出ています。

次は自社HPを見ましょう。

MEMO

自社というのは、JRバスなら『JRバス』さくら観光なら『さくら観光』の自社HPに行くということです。

理由としては、サイトによっては、バスの公式HPではない、バス会社やバス斡旋会社での決済が行われます。

間に一社が入っているということは、少しだけ高い可能性も否めません。

※正確には高くはありませんが、クーポン発行やポイントなどがない可能性がある。

なので、自社サイトで探してみてください。

探し方は、GoogleやYahooにて『バス会社』です。

会員になれるならたくさん乗るなら会員もあり

バス会社によっては有料会員サービスをやっている会社もあります。

有料バス会員になることで、数百円割引できたり、バスのバージョンをグレードアップ(無料で)できたりします。

年間にたくさん乗る人は会員になってもいいかもしれませんな。

MEMO

昔はwillerエクスプレスは年間会員になることで、通常の3000円価格で8000円のプレミアムに平日毎回なれた。最高の寝心地!ふかふか!ウィラー最高!と思ってました(今はしらん)

3つの方法で一番安い高速バスを試しに探してみる

ごちゃごちゃ言うてるけど、本当なの~?

って思われるのもしゃくなので。笑

ちゃんと探します。はい、実践!

今回は僕がこんな検証のために時間をとるなんてもったいなさすぎるので

(うるせえやれってか)

  • 東京から仙台の高速バス
  • ちょうど一週間後のバス

を探しました。

結果はこちら

①バス比較なび

②楽天トラベル

③自社サイト

  • ①バス比較サイト『2250円』
  • ②楽天トラベル『2025円』
  • ③自社サイト『2150円』

結果、楽天トラベルが一番安かったです。

ちなみに、楽天トラベルならここからさらにポイントがつきますので、なお安いです。

自社サイトはクーポンがつくサイトとつかないサイトがあるでしょう。
今回使ったのはさくら観光ですが、常時100円のクーポンがつき、比較サイトよりも安くなります。

更に何度も格安高速バスに乗るなら『楽天』の組み合わせがいい

更に何度も高速バスに乗るという人は『楽天トラベル』『楽天カード』を組み合わせると常にポイントが2%もらえます。

もっとがっつりポイント還元などで安くしたい人なら、

『楽天トラベル』『楽天カード+Kyash』

もしくは

『楽天トラベル』『楽天カード』『早期予約』

が一番いいです。

 楽天トラベルで格安を探す

 同じバスでもクーポンがあるかも

楽天トラベルは早めの予約でポイントが何倍にもなりますから、例えば3%が追加でもらえて、カード決済も楽天なら合計5%もらえます。

すると、2000円のバスなら50円分が溜まります。クーポンに匹敵する還元率なんです。

まだ作っていない人は、ポイントサイト経由でカード発行をするのが一番お得です。

まとめ

  • ポイントサイトへ登録
  • ポイントサイト内の指示にしたがいカード発行
  • ポイント獲得
  • ポイントの使い道は自由

格安バスを探すコツでコツコツ節約をしよう

格安高速バス・夜行バスを探すコツについてでした。

ここがポイント
  1. 検索をしてみる
  2. バス比較なび(どうせ検索してもここにたどり着く)
  3. 楽天トラベルを調べる
  4. 自社サイトで確認

上記の流れでやれば、まず間違いなく安いバスは見つけられます。

たかが200円だと思うかもしれませんが、僕ばりに乗っていたら、200円も100回のったら、いくらですか?

1万円!!

取り戻そうとした時にはもう遅いんですよ。

だから気付いた時に安く探すのを覚えました。

 

『嘘だと思って探したら、嘘だったらごめんね。笑』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です